2017年6月18日

Angularでサーバーから取得したPDFを表示する


Angularでサーバーから取得したPDFを表示するサンプルを作ってみました。


実際に動くものはこちら

全ソースコードはこちら。



サーバーからPDFファイルを取得する部分



サンプルではGitHub Pagesからスタティックなファイルをgetしていますが、Web Apiから動的に生成されたファイルを取って来る場合でも全く同じです。



受け取ったPDFファイルをクライアント側で表示する部分




URL.createObjectURL(blob) でblobからデータURLを生成して、それをHTML側で object タグの data 属性にバインドして表示しています。

ただそれだけだとAngularのセキュリティ制限でエラーになるので、DomSanitizerのbypassSecurityTrustResourceUrl()というメソッドを呼ぶ必要がありました。


あ、それからこのサンプルは現時点ではIEでは上手く動かない様です。

ChromeとFirefoxでは問題無く動作しました。

MacのSafariではobjectタグでの表示はされましたが、Downloadのリンクをクリックしても別タブで表示されてるだけでダウンロードはされませんでした。

ブラウザ objectタグでの表示 aタグでのダウンロード
Chrome
Firefox
Safari
Edge ×
IE11 × ×











2017年6月12日

Lenovo Chromebook N22を購入

2ヶ月ほど前(2017年4月)に、Lenovo の Chromebook N22 を買いました。

LenovoのWebサイトを見ていたら、Outlet価格で$185(送料無料)になっていたので、タッチ対応でかつRAMが4GBである事を確認した上で即オーダーしました。

数日後に見たらサイトから無くなっていたので、即オーダーして良かったと思います。



軽いので持ち運びもラクラクです。液晶もきれいで見やすいです。

Web閲覧などで1日に1〜2時間ほど軽〜く使う感じであれば1回の充電で1週間ほど持ちます。

画面はここまで開きます。180度、と言いたい所ですが微妙にそこまで開かず、175度ぐらいまででしょうか。




実は一番気に入っている使い方はこれ(下)です。画面を一杯まで開いて、自分は寝転がってお腹のうえに本体を突き立てるようにして、片手で支えながらWebを見るのが最高に快適です。笑)

キーボード部分がちょうど良い支えになってくれるので、タブレットを空中で保持するよりずっと楽なのです。




さて、Chromebookを買った本来の目的は、「子供の勉強用」でした。学校にもChromebookが導入されているので、「これ使っていいよ」と渡すと何の違和感もなく早速使いこなしていました。

小・中学生に使わせるコンピュータとしては確かに最適だと思います。


そう言えば、初期化する時に「Devチャンネル」に設定しておいたからか、5月に入った頃から「Google Play Store」が使える様になりました。

試しにAndroidアプリをいくつか入れたりして見ましたが、全く問題無く動作しています。

自作のアプリも全て動作したので、結構感動してしまいました。


これからは、Androidタブレットにキーボードを接続してPCっぽく使えるようにするぐらいなら素直にChromebookを買うのが正解かも知れませんね。







 

2017年5月17日

Node, express, nginx で動くWebサイトへのファイルアップロードでサイズ超過エラーが出る時の対策

Node/Express.js で作ったWebアプリケーションをテストしていて、CSVファイルのアップロード時に一定のファイルサイズを超えると「413 Request Entity Too Large」というエラーになる事に気付きました。


調べた結果、

  1. ExpressのbodyParserミドルウェア
  2. MultiPartフォームデータの処理を簡単にしてくれるミドルウェアのMulter
  3. そしてリバースプロキシとして使っているNginx 

の3箇所で許可するファイルサイズの最大値を設定する必要があることが分かりました。


1. Expressの設定


app.use(bodyParser.json({ limit: '20mb' }));
app.use(bodyParser.urlencoded({ extended: true, limit: '20mb' }));


2. Multerの設定


const upload = multer({
  limits: {
    fileSize: 1024 * 1024 * 20, // 最大20MBまで許可
  }
});



3. Nginxの設定


location / {
proxy_pass http://127.0.0.1:3000;
... (略) ...
client_max_body_size 20M;
}


最初1と2の設定を付けたのに上手く行かなくて、3の設定が必要な事に気付くまでに時間がかかってしまったので、メモしておきます。