2016年8月9日

Visual Studio Code で .js.map など特定のファイルを非表示にする

VS Codeで TypeScript のソースコードを書いていて Webpackやtscコマンドでトランスパイルした時にデフォルトでは .map ファイルも自動的に作成されます。

このソースマップファイルをエディタ上のファイル一覧には表示したくないので、その設定方法のメモです。

{
    "files.exclude": {
        "**/*.js.map": true,
        "**/*.js": {"when": "$(basename).ts"},
        "**/.git": true,
        "**/.DS_Store": true
    }
}


"**/*.js": {"when": "$(basename).ts"}

と書くと、「同じ名前で拡張子が .ts のファイルが存在する場合だけ .js を非表示にする」という事が出来るとの事。

これは便利。



【VSCode】Visual Studio Code 0.5.0の新機能まとめ - Tumbling Dice http://outofmem.hatenablog.com/entry/2015/07/20/154030

[VSCode]ファイルツリーの表示制御|杏z 学習帳
https://anz-note.tumblr.com/post/126106378651/vscode%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%84%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AE%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E5%88%B6%E5%BE%A1








2016年7月16日

Azure StorageにJavaScriptでブラウザから直接アップロードする

Azure Storageにブラウザから直接アップロードする必要があったので、簡単なサンプルを作ってみました。

https://github.com/mikehibm/AzureDirectUploader


JavaScriptでHTML5のFile APIを使ってフォルダ内のファイル一覧を表示し、「Upload」ボタンを押すと選択されたファイルを一つずつAzure Storageにアップロードします。


ブラウザから直接アップロードするとは言っても、最初に一度だけサーバー側の処理を呼び出す必要があります。ASP.NET WebAPIはそのためだけに使っています。

これはAzure Storageアカウントのアクセスキーをクライアント側に渡さずに、一時的に「Shared Access Signature(共有アクセス署名)」というものを生成してそれをクライアント側で使える様にするためです。

一度SASを取得してしまえば、有効期限が切れるまでそれを使ってブラウザからAzure Storageにアップロード出来ます。サンプルでは有効期限が切れたら再度SASを取得し直してアップロードを継続する様になっています。

クライアント側から直接アップロード出来ればサーバー側の負荷が減って便利ですね。






.



2016年4月22日

Android Support Libraryが古いとAdMobのエラーでアプリが落ちる件

3月に自作のアプリを更新したところ、急にクラッシュレポートの数が増えて来ました。




レビュー欄にも「インストールしたけど起動しません」という報告がちらほらと出始めて、あせりました。



エラーの詳細はこんな感じです。

java.lang.NoClassDefFoundError: android.support.v4.util.SimpleArrayMap
at com.google.android.gms.ads.internal.zzs.(Unknown Source)
...
at com.google.android.gms.ads.internal.ClientApi.createBannerAdManager(Unknown Source)
...
at com.google.android.gms.ads.BaseAdView.loadAd(Unknown Source)
at com.google.android.gms.ads.AdView.loadAd(Unknown Source)

java.lang.NoClassDefFoundError: Failed resolution of: Landroid/support/v4/util/SimpleArrayMap;
at com.google.android.gms.ads.internal.zzs.(Unknown Source)
...
at com.google.android.gms.ads.internal.ClientApi.createBannerAdManager(Unknown Source)


どうもAndroid Support Libraryの「SimpleArrayMap」クラスが見つからないという事で、AdMobでの広告の表示時にエラーが発生しているようです。


AdMobがAndroid Support Libraryに依存しているというのは意識していませんでしたが、このエラーを見る限り依存しているみたいですね。

参考)
http://stackoverflow.com/questions/23717006/do-i-need-support-library-v4-for-google-play-services-ads




今までlibsフォルダに「android-support-v4.jar」をコピーしてあったのですが、それが古いままだったのが行けなかったようです。


(ちなみに今だにEclipse+ADTです。)


一旦libsフォルダのandroid-support-v4.jarを削除して、Android SDK内にあるものを「コピー」ではなく「リンク」として追加しました。



これでビルド時に最新のSupport Libraryが使われるようになるはずです。



この変更をしてアプリを更新した後は、AdMobが原因でのクラッシュは無くなりました。



しかし今回は手持ちの端末でテストしても全く起きなかった問題だったので、Androidアプリのメンテナンスはいろいろ大変だ奥が深いな〜、とつくづく思いました。笑)








.