2011年5月31日

EclipseでAndroidのプログラムを実行しようとして変なxml.outファイルが出来てしまう場合

EclipseでAndroidの開発をしている時にすごく気になる事があった。

CTRL+F11で「実行」のはずが、何も起こらずに、代わりによく見ると変なファイルが出来ているのだ。

エディタでXMLファイルを開いている場合に発生する。

javaのソースを開いている場合は問題ないので、CTRL+F6を押してjavaのソースファイルを開いた状態にしてから実行する様に気を付けていたのだが、急いでいる時はついつい忘れてしまって、不便な事この上ない。

その解決方法が今日やっと見つかった。
C/J Prog's Blog: EclipseでF11を押すとAndroidManifest.xml.outが生成されるときの対処
- EclipseにADT PluginとWTP Pluginをインストールしている
- Androidプロジェクトで作業している
- xmlファイルを開いている
- (Ctrl+)F11を押す

これはEclipse WTPの機能で、xmlファイルに対して Run As > XSL Transformation を実行したことになるため。

以下の設定を変更すればOK。

Window > Preferences > Run/Debug > Launching を開き、
"Always launch the previously launched application' in the 'Launch Operation' section."
のラジオボタンを選択する。

との事。助かりました。

これですっきりした。ww







.

0 件のコメント:

コメントを投稿