2011年12月29日

Amazon S3で保存期間を過ぎると自動削除する設定が可能になった

朝起きるとAmazonからお知らせのメールが届いていた。
Today we're excited to announce Object Expiration, a new feature to help you efficiently manage data stored in Amazon S3. Object Expiration enables you to schedule the removal of objects after a defined time period.

You can define Object Expiration rules for a set of objects in your bucket. Each expiration rule allows you to specify a prefix and an expiration period in days.  (...)

(以下意訳)
「Object Expiration」機能のお知らせです! Amazon S3に保存されたデータを効果的に管理する事を可能にする新機能です。これによって一定期間が過ぎるとオブジェクトが削除される様にスケジュールする事が出来ます。

お客様のBucket内の任意のオブジェクトのセットに対してObject Expirationルールを設定して頂けます。それぞれのルールにはプリフィックスと保存期間(日数)を指定する事が出来ます。(...)


早速AWSの管理コンソールを開いて確認してみた。

Bucketのプロパティを表示して、「Lifecylcle」というタブを開くと、ルール名、プリフィックス、保存期間の組み合わせを複数設定出来る様になっている。


プリフィックスに「foldername/」という様に指定すればフォルダ単位で保存期間を設定出来る。

 これは便利! 

これで自前でバックアップのローテーション機能を作り込まなくても大丈夫になりそうだ。

というかちょうど先週「ローテーション機能付きS3バックアップツール for .NET」を作った所だったのだけど。。。








0 件のコメント:

コメントを投稿