2012年3月23日

新しいiPadを触ってみた感想

今日初めて「新しいiPad」を触って来た。



印象が薄れないうちに感想を書いておこうと思う。

  1. 画面がキレイ。
  2. やっぱり重い。
  3. でもiPad2には戻れない。
  4. 結論: 重さが半分になれば買います。


1.画面がキレイ。

これは本当にその通り。細かい文字も確かに見易くて良い。これで電子書籍を読んだら快適だろうと思った。

2.やっぱり重い。

Apple Storeに居る間、片手で5分間持ち続けたのだけれど、やっぱり重い。ベッドに寝転んでWebを見るにはこれでは辛い。実は家に初代iPadがあって、買った当初は喜んでこれでWebを閲覧していたけれども、重さが気になって段々と使わなくなってしまったのだ。重さ的には新型もほぼ変わらないので、多分同じ結果になりそうな気がする。

3.でもiPad2には戻れない。

店内にはiPad2も展示されていたので、比べてみた。こちらの方がスペック的には少し軽いはずなのだけど、その場では体感的には違いが分からなかった。一目で歴然とした違いが分かったのは、解像度の差だ。一度新型の画面を見てしまった後では、これからiPad2を買おうと言う気にはまずなれないと思う。少なくとも、100ドル引きになったぐらいではこの解像度の差には代えられない。

4.結論: 重さが半分になれば買います。

自分としては新しいiPadを買わない最大の理由は、結局は重さになる。

もし7インチで350グラム程度、かつこの素晴らしいディスプレイをもった「もっと新しいiPad」が登場したら、その時こそはアップルストアに並んででも買おうかなと思う。









.



0 件のコメント:

コメントを投稿