2012年11月3日

iPad miniを触って感じた事

仕事の合間に近くのAppleストアに行って iPad miniをちょっとだけ触って来た。


一触瞭然 - 品評 - iPad mini
『今日から Kindle Fire や Nexus 7 を買う人は、情弱乙という他ない。』

確かにその通り。
僕の様に「分かっちゃいるけどAndroidが好き」という人でなければ、もうこれで何も迷う事はない。

少なくとも、これから僕が家族・親戚・友人に勧めるのは、間違いなくこれだ。


miniの感想


この軽さ。この薄さ。そして質感。やっぱり素晴らしいの一言に尽きる。

普通のiPadの上にiPad miniを載せて液晶画面の実質の大きさを比べてみたら、思ったよりも違いは少なかった。全体的には小さくなったと言っても、これなら見た目も指での操作感も、ほとんど違和感が無いはずだ。

年末に向けてこれはきっと売れまくる。
売れすぎて普通のiPadの売上を侵食して、結果的にAppleの売上が下がってしまうのではないか、と要らぬ心配までしてしまうほどだ。(もしそうなっても利益率的には変わらないのかな?)

※2012/11/6 追記: 『iPad miniの粗利益率は他の製品と比べて大幅に低い』との事。
Apple Says The iPad Mini’s Gross Margin Is “Significantly” Lower Than Its Other Products | TechCrunch



iPadとの比較


さて、15分ほどiPad miniを試した後、第4世代iPadというものを手に持って見た。

iPad miniから持ち替えると、さすがに手にずっしりとその重さが感じられる。これは重たい。筋トレを兼ねるのでなければ、ずっと手に持ったまま操作するものではない。

ただ、今さら言う事でもないけれど、Retinaディスプレイの美しさはさすが。

細かい文字を表示した時の読みやすさの違いはあまりにも歴然としている。この画面を見てしまうと、今度はminiの解像度がどうしても残念に思えて来てしまう。


今日の結論


まあ、いずれにせよ、miniは買っておこうと思う。子供用にぴったりのサイズと軽さだから、もしかしたら2台買ってしまうかも知れない。


参考リンク:




0 件のコメント:

コメントを投稿