2012年12月29日

来年こそはしっかりモノにしたい6つの技術スキル

1. Node.js


今注目のサーバーサイドJavaScript実行環境。

Windows Azure上でも簡単にホスティング出来るみたいなのでぜひ何か作りたい。

リアルタイムな何か。最初の題材としては対戦型のゲームとかが面白そう。


この本をちらちら見ながらワクワクしている。



2. クライアントサイド MVC



この本は一応読むことは読んだ。でもまだ実践ではクライアントサイドMVCを使う機会がない。

ASP.NET界隈では Knockout.js の人気が高まっているみたいだ。

個人的にはGoogle発の AngularJS に最も興味がある。DotInstallでのレッスンには興奮した。



3. CSS3/LESS/SCSSなど


CSS3はそろそろ機が熟して来たのかなと感じている。

CSSだけで時計やゲームの様な動きを見事に実現してしまう例を見せてくれた http://www.adventar.org/calendars/2 を眺めて、今さらながら驚かされた。

大規模なプロジェクトになると効率アップのために LESS か SCSS はやはり必要になるだろうなと思う。

LESSとSCSSのどちらを使った方が良いか、というのは迷う所だけれども、LESSの方が明らかに名前で得をしていると思う。子音だけのSCSSよりもLESSの方が発音しやすいし、語感が明るい気がする。名前付けは重要だなあ、と。


4. テスト駆動開発


最近は意識的に単体テストを書く頻度を上げて「テスト駆動」に近づく様にしている。そのおかげでリファクタリング/デバッグのスピードが着実に向上しつつあるのを実感している。

下の2冊はまだ読んでいる途中だけど、しっかりとモノにしたいスキルだ。





5. Titanium Mobileによるスマートフォンアプリ開発


Eclipse+Javaを使ってAndroidアプリを個人的に開発するという事は1年半以上前からやっている。JavaやAndroidの勉強をしながら、少しずつ自分で作ったものが形になって行くのはとても楽しい。

ただ、この方法だとXcode+Objective CでのiOSアプリの開発まではいつまで経ってもたどり着けそうにない。趣味的に続けて行くには、単純に時間が足りなすぎるのだ。

そこで何らかのクロスプラットフォームなツールを使う必要性を強く感じている。

ゲームなら多分 UnityCorona と言ったあたりが良さそうだけれども、ツール系のアプリだと Titanium Mobile が一番良さそうかなと思っている。


この本はかなり前に買ったのだけれど、忙しくてまだじっくり読めていない。

来年はAndroidだけでなくぜひiOSアプリの開発にもチャレンジしたい。


6. TypeScript


CoffeeScript ももちろんいいのだけれど、Windows 8アプリの開発などを視野に入れると TypeScript の方に注目したい。

JavaScriptを書くならTypeScriptを使え! - 部屋とボードゲームと私と酒と泪と男と女
Visual Studio 2012を使ってTypeScriptのサンプルを動かしてみたところ、確かにこれなら気軽に入っていけそうだ。もしかしたら来年の今頃は「TypeScript無しでの開発なんて考えられない」っていうぐらいになっているのかも知れない。



来年こそは!


以上、来年こそはしっかりとモノにしたい6つの技術スキルを挙げてみた。

ホントは今年中にやっておきたかったのだけれど、来年の自分に向けて書いておく。






 

0 件のコメント:

コメントを投稿