2013年2月13日

Azure仮想マシン上でNode.jsアプリケーションをデーモン化してユーザー権限で運用する方法

作ったNode.jsアプリケーション


初めてのNode.jsアプリケーションを作ってみた。
作ったのは、ここに載っていたもの。
Androidアプリからnode.js+Socket.IOと双方向通信する

早速Windows Azure上で動かそうと思ったのだけれど、いくつか苦労したのでメモしておきたい

「Windows Azure Web Sites」は現状ではWebSocketは不可


まず、「Windows Azure Web Sites」は現時点では使えない。このサービスのベースとなっているIISのバージョンが7.5で、まだWebSocketプロトコルに対応していないからだ。

試しにやってみると、ブラウザ同士で試すと問題なく動くが、実際にはWebSocket以外のプロトコルにフォールバックして動作している。この状態だとAndroidのネイティブアプリケーションからsocket.ioライブラリを使用しての接続は上手く行かなかった。

近い将来これが IIS8.0 にアップデートされてWebSocketが使える様になったら、多分これから下に書く様な面倒な作業は不要になると思う。


「Windows Azure 仮想マシン」でUbuntuサーバーを立てる


仕方ないのでAzure上にUbuntu仮想マシンを立ち上げる事にした。

Ubuntu 12.04 Serverのインスタンスを起動して、Node.jsやその他のパッケージをインストールするのは、何の問題もなく完了。

 node folder/app.js

で起動して3000番ポートで接続を待ち受ける。と同時にAzure仮想マシンの設定でエンドポイントを追加して、外側の80番ポートを内側の3000番ポートにつなげる。これでブラウザからもAndroidアプリからも接続出来て問題無く動作させる事が出来た。

素晴らしい!

ただ、Android側のネットワークをWiFiから3G回線にすると動作しなくなるという現象に遭遇した。どうやらキャリア側で80番ポート上のWebSocketの通信を遮断しているみたいだ。(というよりおそらく、キャリアが使っているProxyサーバーがWebSocketに対応していないのだと思う。)

これに対する対策として、Azure側のエンドポイントのポート番号を443に変更したら問題なく動作する様になった。(特に443番でなくてもいいと思うけれど、ユーザー側にFirewallがある場合に、外向きのTCPパケットがブロックされている可能性が80番の次に低いポート番号という事で、443番にしておいた。)


Node.jsアプリケーションをデーモン化したい


Node.jsのアプリケーションをデーモン化して動かすには、forever を使うのが簡単らしい。

foreverコマンドを実行するスクリプトを rc.localに追加するなり、/etc/rc2.d フォルダにシンボリックリンクを張るなりすればサーバー起動時に自動で実行される様になる。


ユーザー権限でデーモンを実行したい


ただ、root権限ではなくユーザー権限で実行する方法がすぐには見当たらなかったので、調べるのにちょっと時間がかかった。結論としては次の2つのどちらかが良さそうだ。

方法1: suコマンドと forever を使う

 su - [user] -c"cd [/home/directory] && forever start [folder]/app.js"

というコマンドへのシンボリックリンクを /etc/rc2.d フォルダに作成する。(または/etc/rc.localの最後に追加する。)


方法2: Upstartを使う
 

 Upstart を使ってお手軽 daemon 化 - インフラエンジニアway

ここに書いてある方法で initctl コマンドでデーモンとしての実行を管理出来る様になる。
実行ユーザーを指定するには、

 setuid [user]

を設定ファイルに追加すればOK。


Ubuntuの標準的な方法としては Upstart を使う方が良さそうなので、とりあえず今はこれでいいかな、と思う。







 

0 件のコメント:

コメントを投稿