2014年1月29日

@NというTwitterアカウントを乗っ取られた人の話

英語ですがセキュリティに興味がある人はぜひ一読を。

How I Lost My $50,000 Twitter Username

やっぱり電話によるハッキングから始まっているみたい。

要約すると、

  • @NというTwitterアカウントの乗っ取りを狙った攻撃者がPayPalに電話してクレジットカード番号の下4桁を聞き出す。
  • その後ドメインレジストラであるGoDaddyに電話してその上の2桁を推測。(GoDaddyの担当者は正解に至るまで何回でも推測させてくれたとの事。) 
  • 正解してクレジットカードの下6桁が分かった時点でドメインの管理者としてGoDaddyの管理画面にアクセス出来たので、MXレコードを変更する事によってEmailサーバーを自分の管理下にあるものに変更し、Emailアカウントを乗っ取った。
  • その後このメールアドレスで登録していたFacebookアカウントも乗っ取られる。
  • Twitterアカウントは別のメールアドレスにしていたため乗っ取られはしなかったが、犯人から取引を促すメッセージが来て最終的にはそれに応じるしか選択肢が無かった、と。



教訓1

独自ドメインのEmailアドレスを各種サービスのログイン用のアドレスとして使うのは避けた方が良い。(もしドメインが乗っ取られたら全部やられる。)


教訓2

独自ドメインのDNSレコード(特にMXレコード)のTTL値は長め(1週間程度)にしておいた方が良い。(ドメインが乗っ取られてもTTLがExpireするまではまだ正規のEmailサーバーにメールが届く可能性が高いので。)


う〜ん、なるほど。


しかしPayPalもGoDaddyもそんなに簡単に電話で情報を教えるのか、という点に驚く。犯人のソーシャルエンジニアリングの技術が高かったというのはあるにしても。

PayPalに登録してあるクレジットカード番号はやっぱり消しておこう。GoDaddyは多分一生使わない。






 

0 件のコメント:

コメントを投稿