2014年4月16日

Titanium MobileでiOSアプリを作ってみた感想

- Titanium Mobileで初めて作った。

 「米国ビザ申請用写真撮影」




- 本当はiOS/Android両対応を目指したかったのだけれども断念した。

 今回作ったのはある種のカメラアプリだったのだけれど、Titanium.Media.showCamera で表示されるプレビューウィンドウの挙動がiOSとAndroidで違ったり、UIのスタイル設定がAndroidだけどうも意図したとおりに反映されなかったりと言う事があって、Android対応は途中であきらめた。本当に複数のOSにきちんと対応しようとすると、おそらくフォルダ単位でOS毎に画面デザインを分けたりして「ロジックは共有するけどUIは別々で」というスタンスで作るのが無難だろうと思う。


- JSでのプログラミングは、やはり手軽!

- AlloyフレームワークはWebアプリの開発者なら非常に親しみ易い。

- ターゲットがiOSのみであればXcode+Objective Cで作るより生産性は高いかも。(もちろんアプリの要件にもよるけど。)


- Androidとの互換性については細かい所で改善の余地あり。今後に期待。

- Platform依存な処理については「モジュール」があれば対応出来る。

 なので最終手段としてその部分だけネイティブで自作する覚悟があればそれほど心配する必要はなさそう。

- iOSもAndroidも実機転送に結構時間がかかるのが難点。

 MBA(2011)だとビルド開始から実機(iPhone 4S)でのアプリ起動まで大体40秒弱。でもiOSのシミュレータ上で動かすのは早いので開発時に実機が必要でないアプリであればそれほど問題にはならない。反対に実機でないとテスト出来ない機能を使っているアプリ(カメラ系のアプリとか)を開発する場合はこの実機転送の遅さはかなり辛い。

- Titanium + WebViewでjQuery Mobileなどを使って画面を作るのもアリ。

 Tips:  jQuery Mobileでは「vclick」イベントを使うのが反応を良くするコツ。


- 今後のプロジェクトでTitanium Mobileを採用するか、と言われると...

「要件によっては大いに有り得る!」と思った。

 当然ながらアプリの内容によって向き・不向きがあるので、事前に実現可能性などをよく検討してから決める必要がある。ただその判断にかかる時間を極力少なく出来るように、これからも最新版をちょくちょく触って「いつでも使える」状態にはしておきたい。

 いずれにせよ、無料でここまで使えるのは本当に素晴らしいと思う。









 .

0 件のコメント:

コメントを投稿