2015年10月15日

米国在住でSprintの携帯を持っている人は要チェック! 無料で使えるMVNOサービスを発見

しばらく使っていないiPhone 4SやGalaxy S3があるので、何かMVNOで安いプランは無いかな〜と探していたところ、ありました!

RingPlus Mobile


最初の3つが「Free Plan」で、そのうち「Future - Phase 9」というのだと毎月500MBのデータ通信(LTE)が可能となっています。

そう、無料です!

これはもう早速申し込んでみました。

契約するのに必要だったのは、

  1. Twitterなどのソーシャルメディアで拡散する事。
  2. 使っていないSprintの携帯(CDMA端末)。
  3. クレジットカード情報。

の3つだけでした。


1番目はこんな感じです。


拡散するソーシャルメディアは、Facebook、Google+、LinkedIn、Twitterから選べます。

アカウント認証後に、数パターンの文章から選んでツイートするフォームが表示されるので、コピペしたりする必要も無く簡単です。


2番目の端末ですが、CDMA方式に対応した端末が必要になります。既に持っているものがあれば、端末に記載されているIMEI番号というものを入力すれば使用可能かどうかチェックしてくれます。Sprintから売られている端末であればほぼ使えるのではないでしょうか。

今回は使っていない iPhone 4S があったのでこれを使うことにしました。使用可能な端末を持っていない人は、ebayなどで探すか、またはRingPlusのサイト内で新規に購入する事も出来ます。


3番目のクレジットカード情報は、最初に$5.62チャージされるのでその支払いのために必要です。この内訳は、
 $5.00 「Top Up」(要するにデポジットみたいなものだと思います。)
 $0.62 税金など
となっています。

という事は、多分無料プランとは言っても毎月$0.62はチャージされる事になりそうです。


プランに含まれているデータ通信量は500MB/月ですが、必要であれば「Add On」を購入して増やす事が出来るようです。

現在のところ、500MBで7ドル, 1GBで8ドルとなっています。



契約手続きが完了したら、あとは数分待てばiPhoneがSprintのネットワークにつながり、通話が出来る様になりました。
左上にSprintのキャリア名が表示されています。

繰り返しですが、無料プランですよ! スゴくないですか?


早速データ通信の速度を計測用のアプリで計ってみたところ、下り4Mbps, 上り1Mbpsぐらい出ています。私が今住んでいる地域でのSprintのLTE回線速度は大体こんなものなので、特に帯域制限が掛かっている様な感じも無さそうです。

パソコンへのテザリングも試してみましたが、全く問題無しです。

ほぼ無料でここまで出来てしまって、本当にこの会社大丈夫なんだろうかと心配になるぐらいです。出来るだけ潰れずにこの無料プランを続けてもらいたいものです。

日本から友人が来た時に貸すなど、手元に余ったCDMA端末がある場合には非常に便利に使えるのではないでしょうか。





.

0 件のコメント:

コメントを投稿