2016年12月28日

Androidで18万DLされた自作アプリをWindowsストアに移植した結果

Androidで18万回以上ダウンロードされた自作アプリをWindowsストアに移植して約2ヶ月経ちました。

移植作業にはなんだかんだ言って1ヶ月近くの工数がかかってしまったのですが、その結果をまとめてみました。

ダウンロード数: 339回
広告表示回数: 1,745回
Fill Rate:    約20%
広告クリック数:  6回
広告収益:   48セント (約50円)


なんなんでしょう、この結果は。。。


あまりの少なさにがく然としています。(笑)

Windows 10のタブレットや2 in 1も増えて来たので、そろそろ行けるかな〜と期待していたのですが、Windowsストアからアプリをダウンロードして使うという使い方はまだまだそんなに広まっていないのかも知れませんね。


ちなみに広告はUWPアプリではAdMobが使えなかったので標準の「Microsoft advertising ad」というものを使ってバナー広告を表示しています。これですがFill Rateが20%って、AdMobと較べて低すぎですよね。


もちろん、宣伝の仕方やアプリのカテゴリなどによって結果は大きく変わると思います。


ただ個人的には次のアプリからはしばらくWindowsストアはパスという事に決定です。


とりあえず試してみて大体の感触が分かったのでまあ良しとして、次に行きます。^^)





 

0 件のコメント:

コメントを投稿