2017年1月24日

今さらながら Toshiba dynaPad を買ってみた

年末にChromebook FlipをeBayで買ったところ不良品にあたって失敗したので、どうしようかな~と考えていました。

結局、1年以上前に発売された機種ですが 「Toshiba dynaPad」を買うことにしました。

Microsoft Storeでこんな感じで$449でセールされていました。


今調べたら発売当初の定価が$569らしいので、落ち着いて考えると1年落ちのモデルでこの価格というのは本当にお買い得なのかどうかちょっと微妙な感じもします。

でも12インチサイズで560gという驚きの軽さと、ワコムと共同開発したという2048段階筆圧感知の「TruePen」に惹かれました。


今のところ考えている用途は、次の3つです。


  1. 家族がリビングでさっとWebを見たり動画を見たりする。
  2. 子供の宿題やお絵かき用
  3. 紙のノートを置き換えることが出来るか、僕の実験用。



デザインが良いのでリビングに置いておくのに良いかも。

縦置きでのWeb閲覧も快適。

2週間ほど使っていますが、今のところ良い感じです。特に6.9mmという薄さとこの軽さは最高です。

Webサイトや動画の閲覧には、同時にたくさんのタブを開かないようにさえ気をつければ全く問題ありません。

子供に使わせるとすぐに独占されてしまいそうなので、まだ使わせていません。(笑)

仕事のミーティングなどで紙のノートの替わりに使えるのか、という点についてはかなり実用的に使えそうです。付属のペンの書き味は僕がMicrosoft StoreやApple Storeの店頭でSurfaceやiPad Proを触った感触と比べてもまったく遜色ありません。というよりもこちらの方が若干反応が良い気がします。細かい文字を素早く書いた時でもきっちり追随してくれます。ただ画面がつるつると滑るのでそこだけは紙の感触とはだいぶ違って慣れが必要だと思います。

CPUがAtom x5-Z8300 なのでところどころで一瞬待たされる感じはあります。これは価格からすると仕方ないのかなとは思いますが、今後i5やi7バージョンが出たらぜひ仕事用にも買いたいと思わせられる機種です。






 .

0 件のコメント:

コメントを投稿