2017年11月17日

高解像度のディスプレイでリモートデスクトップ接続をした時にアイコンや文字が小さすぎて見えない問題への対処

Microsoftから提供されている「Remote Desktop Connection Manager」を使うと良い感じになったのでメモしておきます。

ダウンロードページはこちら
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=44989



バージョン2.7の日付が2014年11月と古いですが、これ以上新しいバージョンは検索しても見つかりませんでした。


Remote Desktop Connection Managerを起動したら、まず File - New で新しいグループを作ります。




そのグループの右クリックメニューからプロパティを開いて「Remote Desktop Settings」タブを開き、「Full Screen」をチェックします。





次に「Display Settings」タブを開いて、「Scale docked remote desktop to fit window」および「Scale undocked remote desktop to fit window」のチェックをONにしておきます。




あとは、そのグループの下に個々の接続先サーバーの設定を追加して行けばOKです。




これで接続先の解像度が低い場合に文字やアイコンが小さすぎて操作出来ないという問題がなくなります。










 

0 件のコメント:

コメントを投稿