2015年3月11日

iOS用AdMobの最新版は初代iPad非対応に

公開しているiOSアプリを更新したら、初代iPad(iOS 5.1.1)でテストした時だけエラーで落ちる様になってしまって焦りました。

エラーログを見るとどうやらAdMobに原因がありそうなのでGoogleのページを見た所、やっぱりAdMobの最新版(7.0.0)からはiOS 5がサポート対象外になっていました。

リリースノートを確認していなかったのがダメでした。反省。

AdMob 7.0.0からはiOS5がサポート対象外に。
https://developers.google.com/mobile-ads-sdk/docs/admob/ios/rel-notes

-ObjCリンカフラグが不要になった事やアプリに追加するファイルが一個だけになったのは嬉しい点ですが、iOS 5非対応化はちょっと悲しいです。


初代iPadは我が家では子供達がまだまだ使っているのでぜひ対応したかったのですが、Appleのページを見るとiOS 6を含めてもシェアはもはや3%以下との事。

iOS6以下の割合は3%
https://developer.apple.com/support/appstore/


AdMobのバージョンをひとつ前の6.12.2にしておくという手もあるのですが、ここはきっぱりとあきらめて自分のアプリの方もiOS 5は非対応とする事にしました。

そろそろ子供用のiPadも買い換えるかな。。。







 


0 件のコメント:

コメントを投稿