2014年8月23日

JavaScriptでスマホゲームアプリを作る - PhoneGap + tmlib.js編

● tmlib.jsを使ってみた


tmlib.jsが面白そうなので初めて触ってみた。

このチュートリアルを読めば大体の使い方がつかめる。素晴らしい!
tmlib.js で今流行のフラットデザインを使ったタッチゲームを作ろう – Step00 ゲームのひな形を作ろう | TM Life 




● スマホでも結構使えそうな感じ


作ったものは平凡だけれどとりあえずこんな感じの15パズル。
動画はNexus7(2012)上で動かしたもの。




ブラウザ上でPlay出来るバージョンはこちら。



開発環境は、最初はVisual Studio 2013に
Multi-Device Hybrid Apps (Preview) for Visual Studio 
という拡張機能を入れて使おうと思ったのだけれど、入れてみるとまだちょっと使いづらい部分があったので今回はパス。

結局  Brackets というエディタとTerminalだけで十分だった。Bracketsには「ライブプレビュー」というボタンがあってそれを使うとすぐにChromeを開いて実行出来るのでこれがとても役に立った。

実機で実行したい時は、Terminalでプロジェクトのフォルダから

phonegap serve

を実行しておく。そして実機(Android, iOS, Windows Phone)上でPhoneGap Developerアプリを実行し、PCのIPアドレスを入力すればOK。実機とPCが同一ネットワーク内にあれば良いのでUSBケーブルをつなぐ必要が無いのが有り難い。
この状態でソースコードを変更して保存すれば1〜2秒で自動的に実機側のアプリを再起動してくれる。これは実際に使って見るとものすごく便利だ。複数の端末を同時に接続出来るので、Android、iPhone, iPad, Windows Phoneを全て接続してそれらが同時に更新されるのを眺めているとそれだけでも面白い。


ちなみにビルドしてパッケージ化されたものを動かしたい時は、実機をUSB接続した上で、

 phonegap run android --device  または phonegap run ios --device

を実行すればOK。



ソースコードはこちら。
https://github.com/mikehibm/15puzzle-phonegap







● あれ、Androidで音が出ない。。。


iPhone,iPadでは全く問題無くBGMと効果音が再生されるのだけれど、手元のGalaxy S3とNexus7では全く音が出ない。それどころか、ローディング画面が出たまま止まってしまう。デバッグすると、WebAudioのcontextがnullになっている。これは悲しい。色々試したけどAndroidではどうも音声はダメそうなので、tm.sound.WebAudio.isAvailableが trueでない時は一切音を鳴らさない様に変更した。この問題が無ければ十分使えると思っただけに、残念。



● 結論


- アニメーションはあまり複雑な事をやらなければスマホでも結構使える。
- PhoneGap Developerアプリを使えば開発が捗る。
- でもAndroidでは端末によってWebAudioへの対応がまちまちで、かなりの確率で音が出ないのがなんとも残念。
- iOSまたはPCをターゲットにして作るなら十分選択肢の一つになり得ると思う。
- tmlib.jsは便利!これからも使いたい。









 

0 件のコメント:

コメントを投稿