2012年6月8日

Windows/Mac/LinuxでSugarSyncの代わりに使えそうな4つのクラウドストレージ

いつまで経ってもSugarSyncからLinux用クライアントが出て来ない。

そのためしびれを切らしてSugarSyncから離れて他のサービスへ移行するユーザーも多いみたいだ。
SugarSync for Linux . Archive (504) . Feature Request . Forum . SugarSync Community

僕はと言えば以前にも書いた通り、Wine上でWindows版のクライアントを動かして凌いでいる。でもやっぱりネイティブなクライアントがあった方が良いに決まっている。

実際、Wine上のSugarSyncだと同期対象のフォルダ内でファイルを作成・変更してもリアルタイムにアップロードされないという問題がある。(SugarSyncクライアントを一旦終了して起動し直せばアップロードが開始される。)
SugarSync on Linux - Computer

単にLinuxユーザーの絶対数が少ないから開発費をかけるメリットが無い、という理由で切り捨てるのは馬鹿げている。Linuxだけを使っているユーザーよりも、WindowsやMacと併用しているユーザーの方が断然多いはずだからだ。

Windows/MacとLinuxを併用している場合、全ての環境で同じクラウドストレージを使いたいという要望が出て来るのは当然だ。DropBoxではかなり前からこれが実現出来ているし、他の多くのクラウドストレージサービスにも当たり前の様にLinuxクライアントが用意されている。


SugarSyncが何故これほどまでにLinux用クライアントを出さないのか、ここまで来るともうあきれるのを通り越して一種興味深いものがある。もしかすると水面下でMicrosoftと買収交渉でも進行中なのかな、と勘繰りたくもなってくる。(Microsoftは既にSkyDriveやLive Meshを提供しているので多分それは無いだろうけれど。)


さて、ここからが本題だ。

現時点で、Windows/Mac/Linuxで使える他のクラウドストレージサービスを探すとすれば、どんな選択肢があるのだろうか。

ざっと探したところ下の4つが見つかった。
















































さて、では実際にどれを使えば良いのだろうか。

上記のサービスについて、「運営会社の知名度・信用度」、「使われているセキュリティ」、「無料で使える容量」の3つの観点から比較してみた。

サービス名 運営会社 セキュリティ 無料容量
Wuala LaCie クライアント側で暗号化 5GB (+紹介ボーナス)
SpiderOak SpiderOak Inc. クライアント側で暗号化 2GB (+紹介ボーナス)
DropBox Dropbox Inc. サーバー側で暗号化 2GB (+紹介ボーナス)
4shared 4shared.com サーバー側で暗号化(?) 15GB


WualaをやっているLaCie社というのは、フランスのストレージ装置メーカー。米Seagate社に買収されるらしい。もしSeagateの一部門になれば資本規模も万全だし会社としての信用度はかなり高いと思って良いのではないだろうか。(買収後に切り離されたりしない限りは。)

セキュリティ的な観点から見ると、クライアント側での暗号化はぜひ欲しい。サーバー側での暗号化だと、従業員の不正やなんらかのミス、あるいは不具合などで暗号化前のファイルが流出してしまう可能性がどうしても否定出来ないからだ。

これを考えるとDropBoxは選択肢に入れづらい。
参考: Dropboxが約4時間すべてのアカウントのロックを解除してしまう事故が発生 : ライフハッカー

4sharedについてはセキュリティに関する説明があいまいで今ひとつ信頼出来ない印象を持ってしまったので個人的には選択肢からは外したい。

無料容量も出来ればSugarSyncと同等の5GBは欲しい。


以上の事から考えると、現時点ではWualaが最も有力な選択肢になりそうだ。

早速これから試してみようと思う。





追記1: 紹介ボーナスでWualaの初期容量が6GBになるリンクはこちら。→ Wuala


追記2: こちらの記事にも参考になる情報がたくさんあった。
Dropbox vs 他社オンラインストレージ:アナタに一番合っているのはどれ? : ライフハッカー[日本版]












.

0 件のコメント:

コメントを投稿