2013年3月5日

Azure Mobile ServicesがAndroidに対応! Android2.2以降で実行可能


Windows Azure Mobile ServicesがAndroidに対応したそうだ。

Windows Azure Updates: Android Support, SQL Reporting Services, Active Directory, More… - ScottGu's Blog


これでバックエンドのサービスを簡単に作成する事が出来る。嬉しい!

ところが説明を読むと、「Android 4.2以降が必要」という注意書きが。。。

「え、うそでしょ~。4.2以降なんて現時点で使えるのはNexusシリーズぐらいじゃないの...」

と思ったけれども、サンプルコードをダウンロードしてマニフェストファイルを見ると、

android:minSdkVersion="8"
android:targetSdkVersion="17"

となっている。

なので、アプリの動作環境としてはAndroid 2.2以降なら問題ないみたいだ。


(「4.2以降が必要」というのは開発用のSDKのバージョンを指している様だ。)



試しに Android 2.3.5 が入ったHTC Evoでサンプルアプリケーションを動かしてみた所、Todoリストにデータを追加する部分については問題なく動作した。


Azure Mobile Servicesの管理画面からデータを確認したところ。



Todoリストのチュートリアルはこの後「ユーザー認証の追加」や「GCMを使ったプッシュ通知」の実装に続く。

まだそこまでは試していないけれど、多分Android2.2以降なら問題無さそうな気がするので、まずは一安心した。


これでさらにアプリ開発の可能性が広がりそうだ!



*追記:
ここにははっきり「2.2+」と書いてあるので、やっぱり大丈夫そうだ。

MS Open Tech develops the open source Android SDK for Windows Azure Mobile Services - Interoperability @ Microsoft - Site Home - MSDN Blogs







 

0 件のコメント:

コメントを投稿