2014年4月2日

いよいよWindows Phoneアプリを作るべき時が来た! かも。

Microsoftのブログより

Windows Store universal Windows app opportunity 

The biggest new opportunity announced today is universal Windows apps, which now enable you to reach users across the spectrum of Windows devices with optimized app experiences built from one shared project.

今まではWindows Store用とWindows Phone用のアプリは別々のプロジェクトで作成しないと行けなかったのが、今後は「Universal App」として開発すれば、Windows Store(デスクトップ&タブレット)でも Windows Phone でも動くものを作れる様になるらしい。

これまでも、共通の処理はPCL(Portable Class Library)としてプロジェクトをまたいで再利用する事が出来た。ただ Universal App の場合はもっと進んだ形で、コードだけでなくXAMLや画像などのリソースも含めて共通化する事が可能になる様だ。


I’m pleased to announce today that China Mobile - the largest carrier in the world with 767 million subscribers - and Microsoft have signed an agreement to bring China Mobile billing services to Windows Phone customers in China Mobile’s network within the next few months.

契約数7.6億を擁する China Mobile と Microsoft の提携により、Windows Phone 上でChine Mobileユーザーへのキャリア課金によるチャージが可能になるとの事。7.6億はすごい! 将来的にこの10%がWindows Phoneユーザーになるとしたら、それだけで7600万ユーザーだ。


we have fully completed the roll-out of a streamlined Windows Phone certification workflow that is reducing app certification and publishing timesfrom an average of 2.5 days to 2-4 hours for both new and updated apps.

Windows Phone アプリの審査にかかる時間を、平均2.5日から2~4時間に減らしたとの事。1~3週間も待たされるAppleに比べると、この早さは開発者にとってはとても有り難い。

さて、そろそろWindows Phone/Windows Storeアプリの開発に取り掛かるかな。。。

まずは実機を調達しないと。^^







 


0 件のコメント:

コメントを投稿