2018年8月8日

Create React App + TypeScript で最初につまずいたこと

ちょっとしたサンプルプログラム的なものを Create React App + TypeScript で作ろうと思ったのですが、思わぬところでいきなり詰まってしまいました。


Create React App(以下CRA)で TypeScript と言えば、

https://github.com/wmonk/create-react-app-typescript

が定番だと思います。


さて、下の通りにプロジェクトを作成して実行しました。

npm install -g create-react-app
create-react-app my-app --scripts-version=react-scripts-ts
cd my-app/
npm start


もちろんここまでは全く問題なし。早速VS Codeでプロジェクトのフォルダを開いて、アプリケーションを作り始めました。



ところが、あるタイミングでふと

console.log("hogehoge");

を入れて実行してみようと思ったところ、いきなりコンパイルエラーになってしまいました。


「Calls to 'console.log' are not allowed.」というエラーですが、これにはちょっと驚かされました。console.logを入れただけでアプリケーションが動かなくなるなんて。。。


これですが、デフォルトで設定されているTSLintのルールがめちゃくちゃ厳格なものになっているのが原因なようです。


厳格すぎてこれでは使いづらいという声も多く、GitHubのIssuesでも議論になっているようですね。


オリジナルのCRA作者のDan Abramov氏からも、「この厳しいルールはCRAを作った時の思想(初心者でもすぐに動くものを作り始められる。本当にクリティカルなもの以外はワーニングのみでエラーにはしない。)と合わないから、ゆるくした方が良いんじゃない?」 という趣旨のIssueをわざわざ上げられているぐらいです。


create-react-app-typescript リポジトリ作者のWill Monk氏によると、「最初は自分が職場で使っているルールをコピーして使っていたのだけれど、後で一般的に推奨されているプリセット("tslint:recommended", "tslint-react"など)を使うように変更した」との事。「それでもまだルールが厳しすぎるなら、誰かがオリジナルのCRAと同等のゆるいルールの設定を作ってPRしてくれたら喜んでそれをマージするよ。」とも言っているので、彼自身は特にどうしても厳しいルールを他の人に強制する気は無いようです。


その後このIssue上で議論は進んでいるようですが、このブログ執筆時点の最新版ではまだルールの変更には至っていないようです。


さて、なにはともあれとりあえず console.log を使えるようにする方法ですが、上のIssueでも言及されているのですが、Microsoftによる下記のページにわかりやすくはっきりと記載されていました。

https://github.com/Microsoft/TypeScript-React-Starter


プロジェクトのルートフォルダにある tslint.json ファイルを下のように書き換えればOKです。(赤字を削除、青字を追加。)

{
-  "extends": ["tslint:recommended", "tslint-react", "tslint-config-prettier"],
+  "extends": [],
+  "defaultSeverity": "warning",

"linterOptions": {
     "exclude": [
       "config/**/*.js",
       "node_modules/**/*.ts"
     ]
   }
 }

これで問題なく開発が続けられるようになりました!






 

0 件のコメント:

コメントを投稿