2018年5月1日

JavaScriptで "B" + ["a", "a"].join("aaa" - 1) がBaNaNaになる理由

Ethereum開発者のVitalik氏がこんなツイートをしていたのを見ました。


試しにChromeのDeveloper Toolsを開いて実行して見ると、確かに「BaNaNa」と表示されました。
"B" + ["a", "a"].join("aaa" - 1)
"BaNaNa"

不思議に思ったので少しずつ変えながら何パターンか試してみます。

"B" + ["a", "a"].join("aaa") → "Baaaaa"
"B" + ["a", "a"].join()  → "Ba,a"
"B" + ["a", "a"].join("")  → "Baa"
"B" + ["a", "a"].join("" - 1)  → "Ba-1a"
"B" + ["a", "a"].join(1)  → "Ba1a"
"B" + ["a", "a"].join("x" - 1)  → "BaNaNa"

なるほど、分かってきました。

"aaa" - 1 の部分が「NaN」として出力されて、それがArray.join()の引数になるので
B + a + NaN + a
で 「BaNaNa」というわけですね。

なるほど!

 

0 件のコメント:

コメントを投稿