2018年3月1日

TypeScriptを使うならstrictNullChecksオプションが便利

TypeScript の strictNullChecks オプションというものを知ったのでメモしておきます。

tsconfig.json の compilerOptions に

"strictNullChecks": true

を追加しておくと便利。

これをすることで、string や number などに null や undefined を代入することが出来なくなる。

let name: string;
name = null;                ← ここでコンパイルエラー

let count: number;
count = undefined;      ← ここでコンパイルエラー


null や undefined を代入したい場合は、型指定時に明示しておけばOK。

let name: string | null;
name = null;                ← これはOK

let count: number | null | undefined;
count = undefined;      ← これはOK


「ユニオン型」というらしいですね。
http://d.hatena.ne.jp/m-hiyama/20180117/1516157225

色々なシチュエーションで、「この変数の値は null/undefined になる可能性がある(もしくは無い)」という事を明示出来るのでnullチェック忘れや過剰なnullチェックを減らす事が出来ます。




 


0 件のコメント:

コメントを投稿