2020年5月7日

Next.jsで静的サイトを出力してFirebase Hostingでホスティングする

まずは公式のドキュメントにしたがってNext.jsのアプリケーションを作成しましょう。

Create a Next.js App | Learn Next.js 


package.jsonファイルのscriptsセクションに下記を追加しておきます。

  "scripts": {
    "dev": "next dev",
    "build": "next build",
    "start": "next start",
    "export": "next export"
  },


npm run build && npm run export を実行して outフォルダに結果が出力されるのを確認します。



次にFirebase CLIを初期化します。


firebase login

firebase init



カーソルキーで「Hosting」を選択してスペースキーを押し、Enterで確定です。

Firebaseの管理画面でまだ「プロジェクト」を作成していない場合は、プロジェクトIDと名称を入力して新規作成します。既に使われているIDを入れてしまうとエラーになるので、ユニークなIDを入力しましょう。

アップロード対象のフォルダを聞かれるので、デフォルトの「public」ではなく「out」を指定します。


firebase deploy を実行して、「Deploy complete!」と表示されれば完了です!


慣れれば3分もかからずに出来てしまいますね。


バックエンド処理にCloud Functionsを使ったりするような場合も、下のドキュメントの通り設定すれば決して難しくはありません。

本当に便利な世の中になったものです。^^)


あ、特にFirebase Hostingでなくても良いのであれば、もちろんNext.jsの開発元であるVercel(旧Zeit)社のサービスを使うのが一番簡単でオススメです。



こちらであれば、静的サイトでなくSSRありのサイトであっても、またバックエンドのAPIが必要な場合でも、何も考えずにデプロイしてしまえばあとはサービス側で上手くやってくれるみたいなので、こちらも素晴らしいと思います。







 

0 件のコメント:

コメントを投稿