2020年5月4日

ReactでSVGファイルをコンポーネントとしてレンダリングする

egghead.ioのレッスンを観ていて良さそうなものがあったので、メモしておきます。


Add SVGs as React Components with Create React App 2.0
https://egghead.io/lessons/react-add-svgs-as-react-components-with-create-react-app-2-0

Create React App のドキュメントにも記述があります。
https://create-react-app.dev/docs/adding-images-fonts-and-files


Create React Appで作ったReactアプリケーションでは画像ファイルを下のようにインポートしてコンポーネント内で参照することが出来ます。

import logo from './logo.png';
function Header() {
  return <img alt="Logo" src="{logo}" />;
}

もちろん画像の形式がSVGであっても同様です。

import logo from './logo.svg';
function Header() {
  return <img alt="Logo" src="{logo}" />;
}

ただ、SVG形式の場合はインポートの仕方を下のように変えるとReactコンポーネントとしても使えるようになるそうです。

import { ReactComponent as Logo } from './logo.svg';
function App() {
  return (
    <div className="App">
<header className="App-header">
<Logo className="App-logo" />
</header>
</div>);
}


このようにすると、HTMLとしてレンダリングされる際のタグが imgタグではなく、svgタグになります。

svgタグになってうれしい点は、SVG内の個々の要素(図形)をCSSでコントロール出来るようになることです。


例えば、線の色や太さを変えたり、アニメーションを付け加えたりすることが可能になります。


下の例では、Reactロゴのpathエレメントの部分のみ点線にして、さらに点線のオフセットをアニメーションで動かしています。

.App-logo path {
  stroke: palegoldenrod;
  stroke-width: 10px;
  fill: none;
  stroke-dasharray: 35px 15px;
  animation: orbit 1s infinite linear;
} @keyframes orbit {
  to {
    stroke-dashoffset: 50px;
  }
}

実行するとこんな感じになります。









0 件のコメント:

コメントを投稿