2020年4月14日

AWS AmplifyでReactアプリ開発を試してみた

時間があったので前から気になっていた AWS Amplify を試してみることにしました。

とりあえず作ったのは、Todoリスト。React (Next.js) によるWebアプリです。



username / password でログインすると、DynamoDBに保存された自分のTodoリストが表示されます。



使った技術は、

フロントエンド
 - Next.js
 - Amplify Console (Hosting)

バックエンド
 - Lambda
 - API Gateway
 - DynamoDB
 - Cognito

という構成になりました。


至ってシンプルなTodoリストですが、Cognitoによるユーザー認証やDynamoDBなど慣れないモノについて使い方を調べながら作ったので結構時間がかかりました。

Amplify ConsoleによるフロントエンドのHosting機能は非常に便利で使いやすいと思いました。

ただ、今のところ全体的な感想としては 「Firebase の方が使いやすいかなあ」という感じです。特にドキュメントが(内容的には非常に多岐に渡って網羅されているのですが)今ひとつ分かりにくい気がします。


これからせっかくなのでもう少し機能追加をしながら使い込んで見たいと思います。


  1) Next.jsでスタティック・エクスポートしたサイトをAWS Amplify Consoleでホスティングする

  2) AWS AmplifyでReactアプリにユーザー認証機能を追加する

  3) AWS AmplifyとDynamoDBでサーバーレスなREST APIを構成する






 

0 件のコメント:

コメントを投稿